リフティング コツ 足の甲

簡単!リフティングを足の甲で続けるコツ3つ教えます!

リフティング コツ 足の甲

小学生がリフティングで1000回やってる動画とか、見たことあるよね?なんであの子たちは1000回もできるんだろう?リフティングはボールと体の関係をしっかり理解すれば簡単にできるようになるだ。でも、どうやったらうまくなるのか?そのコツを3つ教えてあげるよ!


スポンサーリンク

ボールは弱く蹴って、体力温存!

これが、第一のコツ。ボールを弱く蹴ることで、疲れないようにすることが大切なんだ。マラソンだってそうだよね?3km走るのに、最初っから全力疾走だったとしら、すぐにバテてしまうはず。これはリフティングでも全く一緒なんだ!じゃあ、どうやって弱く蹴るのか?順に話していくよ!

 

ボールの中心を見つけよう

まずコレね!ボールネットを買ってきてね!300円も出せば買えるから安心してね^^それで、そこにボールを入れたら、インステップで蹴ってみて?多分、ボールがくるくる回転しながら飛んでいくよね?ここから改善するんだよ!

 

足をまっすぐ伸ばして。足の甲を固くして。これがインステップの形だよ?ちょうどつま先立ちしている時の形だよ。つま先までピーンと伸ばした格好になっているよね?その足でボールを蹴ってみよう。どうかな?ボールが無回転のまま飛んでいくことがあるよね?これが、完璧なインステップの蹴り方なんだよ!この形をしっかり覚えてね!

 

力を抜いて蹴ってみよう!

ボールが無回転で飛んでいくようになったら、力を抜いて蹴ってみよう。どう?全然力を入れなくても、「ボム」という鈍い音をしてボールが飛んでいくよね?これは野球でも一緒なんだ。全然力を入れてないのに、ボールが「ポーン」と遠くへ飛んでいく感覚。これを身につけてほしいんだ。ボールの芯を食う。この感覚ね!

 

まとめ

ここまでで、インステップの練習は終わり。ボールが無回転で飛んでいく。全然力を入れなくても飛んでいく状態ができたら、もう足の甲でやるリフティングを80%マスターしたようなものだから!あとは、股関節からつま先までが一直線になるように、ピーンと伸ばしてみよう。足が棒になったみたいに、足を伸ばしてみて!

 

それで、足を「腰の高さ」まで上げてみよう。すごい足が上がってるよね?この高さでリフティングを続けるだけ^^蹴り終わったら、足は毎回地面につけてね。一回蹴って、ボールが浮いている間は足を地面につけて、またボールが落ちてきたらボールを蹴る。(自分の利き足でね)

 

この繰り返しで、1000回までだって可能だよ^^頑張ってね!

スポンサーリンク