子供が全然走らない。やる気ないの?

子供がやる気がないから走らない?その原因と対策をご紹介!

あなたのお子さんはこんなこと、ありませんか?試合になると歩いていたり、ボールを追わずに走れない!それって実は、やる気がないじゃなくて、どうしたら良いかわからないケースがほとんどだって知ってましたか?今日はそんなお子さんの「走らない」を解決する練習メニューをご紹介します!

スポンサーリンク

子供が走らない一番の原因が「楽しくないから」です!

これは自信を持って言えることです。レベルがあっていないことが原因でしょう。明らかに強すぎる相手ではボールに触れません。ふてくされたような態度になり、ボールへ絡む勇気も湧いてこないものです。こういう時の簡単な解決法があるので御覧ください。

 

ズバリ、レベルわけして試合をする!

3vs3でも、4vs4でもいいです。チームをわけて、活躍できる状況を与えてあげてください。入ったばかりの子がいたら、ひとつ下の学年に混ぜてあげるのも得策でしょう。チームは年齢だけでレベルをわけるのではなく、その子それぞれのスキルレベルでチームを分けていくことがとても大事です。幼稚園からサッカーをしている子と、小学4年から始めたこではベースが全然違います。しかし、同じ学年だからとチームを一緒にしてしまっては、上手い子も、まだ下手な子もお互い成長できません。

 

学年の垣根を越えよう!

特にコーチに読んで欲しいですが、学年ごとに動いているチームは問題ありだと思います。なぜなら、サッカーの技術は学年だけでは測れない側面があるからです。リフティングの回数でレベルをわけてもいいかも知れませんね。リフティングの回数はほぼ的確にサッカーのレベルを表しますからね。リフティング5回の子でもうまい子はいますが、リフティング100回できて下手な子はそう滅多にはいませんからね。

 

スポンサーリンク