ミラン本田への感想。チームメイトとうまくやってけるかな

ミラン本田への感想。チームメイトとうまくやってけるかな

本田と相性が良さそうな選手と、そうでない選手は・・

相性が良さそうなのは、ロビーニョさんですかねー。本田がミランの練習場に挨拶に行った時に「アケマシテオメデトウ」と日本語で話してくれたんですって。

 

スポンサーリンク

陽気なブラジル人って感じだし、少ない時間の中でも本田とのあうんの呼吸を目撃できました。そしてカカ。ゴール前での3タッチ崩しも見られたし、本田の一番の理解者になってくれそうな予感?満載です。マンUでいうところのルーニーって感じでしょうか。

 

カカは本田とは真逆のタイプの司令塔で、ちょうど代表での香川と本田のような関係になれれば面白いかなと。本田とカカでほとんどの攻撃をやっちゃうくらいでいいんじゃないでしょうか。そしてパッチーニ。すでに幾多の高連携を見せていたし、本田も一番安心してプレーできる相手じゃないでしょうか。

 

発言力もなさそうだし、ネームバリューもそんなに高くない。バロテッリに比べたらやりやすそうな雰囲気を醸し出していると思ったし、足技もトリッキーで面白い。インテル時代から見ていましたが、良いパスが集まるようになったら面白いフォワードですよね!しかし、負傷してしまったのが残念。古傷でもあるんですかね?


 


一方、相性が悪そうな選手といえば、モントリーボ(キャプテン)だろう。モントリーボは底からのパスをほぼすべてカカに当てていました。あのパスが本田に入るようになればチームとしてのタメが作れるし、その間にロビーニョやカカが前線へ上がるのを待つことができる。

 

しかしカカに入ってしまうとタメがない(カカが高速ドリブルを開始してしまう)ので周りの選手たちが上がれない。前線での人数が足りない状態になってしまうから、攻撃がワンパターン化してしまうことが散見。なんのためのフォーメーションで、なんのための本田加入なのかをしっかり練習からアピールすることが大切で、セードルフ監督が考案した4−2−3−1のフォーメーションががっちりはまってくれれば、大化けの可能性まで期待していいと思った。

 

あとモントリーボはミドルシュートに絶対の自信を持っているようで、本田につなぐべき場面がシュートカットされている気がします。ロング打ち過ぎやろ?って感じだし、それは本田がやるから!とツッコミたくなりました。たしかに低い弾道のシュートは好きですけどね。この間みたく枠に飛んでくれればいいですが、結構枠外シュートも多かった。

 

あれではゲームの流れが切れるだけで、ノーチャンスです。ロッベンを見ていて思うんですが、一流選手はシュートは絶対に枠を外さないと思う。なぜなら枠外に打つくらいならキーパーのど真ん中に蹴った方が100倍はマシだからです。今は小学生ですら、シュートを枠外に打つと怒られる時代です。そういう意味で、モントリーボから信頼を勝ち取ることが急務だし、頑張ってほしいです。

 

あと、バロテッリについては不明です。本当に気まぐれにプレーするって感じですよね?チェイシングもしないし、「おい、俺の動きを見て感じてくれよ?」っていうか。俺がボールに寄っていったらお前(本田)もついてこいよ、とか。そういうプレーです。これは練習で連携を高めることで解決できるかな?

 

なのでまだわかりません。いずれにしてもこれからに期待です(笑)すみません、月並みな表現になってしまいました。

スポンサーリンク