サッカーやってる人がなる、股関節唇損傷について

サッカーやってる人がなる、股関節唇損傷について

股関節唇損傷って何??

股関節痛を医者に訴えると、まずはじめに疑われるのがこの股関節唇損傷という症状です。

 

スポンサーリンク

股関節唇はレントゲンに映らず、発見が困難を極めます。通常の股関節痛であれば1〜2週間ほど安静にしていれば完全に良くなるケースもあるようですが、そうはいかないのがこの股関節唇損傷みたいです。

 

ピラピラした薄い膜のようなものが股関節のお皿と大腿骨の丸い骨の間に挟まってしまい、体重をかけるたびにその破片が骨にあたって痛い!という感じです。例えて言うならば、入れ歯の方が歯茎に食べ物が挟まって痛い!みたいな感じです。(?)ではどうやってよくするかというと、具体的には手術によって破片を取り除く。

 

敗れた箇所を縫い合わせる。ということです。しかし現役の高校生とかですと時間もありません。治療だけで半年を棒に振ってしまうし、会社勤めのお父さんなら仕事はそう簡単には休めないと思います。手術ともなるとそういった時間的なリスクもつきまといますし、退院してからも股関節に対して負荷を掛けられませんから、車いすや松葉杖を使うことになると思います。いずれにしても大変なんですよ。股関節って。。。


 

しかし、手術を行うケースはあまり多くはありません。だいたいは筋力をつけてカバーする?みたいなことを先生に言われてしまいます。ちょうどリハビリセンターに股関節唇損傷で治療中の方がいたので話を伺いました。

 

「やっぱり今でも痛みはあるのよ」とのことでした。幸い僕の場合は股関節唇損傷ではなかったのですが、ある意味一生付き合うようなケースも多いみたいなので、思い切って手術に踏み切るということも視野に入れたほうが良さそうです。あの芸能人のM本ひとしさんや、アメリカの歌手レディーガ○さんもこの股関節唇損傷の手術を受けていたことで有名になりましたよね。

 

ガ○さん場合はルイ・ビト○の車いす乗ってましたけど・・・。 話を戻しますが、股関節唇損傷を疑われているのでしたら、早めにMRIを撮ることを強くおすすめしたいです。私はなんだかんだで1ヶ月を棒に振ってしまいましたし、その間にも個人の整体院に通ってしまい、5万円近くはもってかれましたから。結局整体では治りませんでしたけど・・・^^; 

 

1回の料金が4千円くらいでしたので、15回くらいは通った計算になりますね。たしかに筋肉を揉みほぐすことで股関節の周りの筋肉痛は取れるのですが、肝心の股関節がよくなっていないのでイタチごっこでした。なので無駄な時間とお金を使わないよう、MRIの撮影をおすすめします。


スポンサーリンク