股関節 痛み 原因

股関節の痛みが治らない。サッカーを急にやったからか?

股関節唇損傷かと思いきや、聞いたこともない病名にビックリ

僕はMRIを撮ったあとに、驚きの結果を言い渡されました。結論から言うと『大腿骨頭萎縮症(だいたいこっとういしゅくしょう)』という名の病気でした。(病気というべきか、症状というべきか) 

 

スポンサーリンク

まあ簡単にいうと、太ももの大腿骨の頭の丸い所(の内側の骨髄?)が炎症を起こしているらしく、原因は不明。5万人に1人の発症率らしく、先生も「これで4人めだよ。わっはっは」と笑っていました。(わ、笑うなよ・・) 

どうりで病院に併設しているリハビリセンターにあしげく通っても一項に良くならない訳でございますよ。なぜならこの病気は大腿骨に負荷をかけてはいけないからなんですがね。通常、人間は歩くだけでも大腿骨に4倍の負荷がかかるらしく、走った場合は体重の8倍が股関節にのっかるらしいです。

病院でのリハビリではまさに負荷のオンパレードでしたからね・・。症状が軽くならないのも今となっては納得できます。そして次第にリハビリをサボっていくと、調子がいい!とにかく安静にしていると調子が良いって感じでした。もしあなたもそういう感じだったとしたら大腿骨頭についての疑いを持った方がいいと思います。

では、どうやって治ったのか?

股関節,痛み,原因

ズバリ・・・松葉杖生活。これで僕は大腿骨頭萎縮症を克服しました。(形だけなんですが) というのも、骨の炎症自体は負荷を与えなければ引いていくのです。
しかし、松葉杖生活によってサボリまくっていた右足全体の筋肉組織が壊滅状態になってしまった。よって、尻からもも全体の太い筋肉、内ももが落ちることで膝のお皿(膝蓋骨)が外側に外れやすくなってしまう始末。

さらに右足で踏ん張ることが出来なくなっているため足首全体の違和感がはんぱない。かかとにばかり重心が乗ってしまうため、内側くるぶしの下あたりが妙に痛む。これは拇指球あたりで歩くことを心がけることである程度は克服できていますが、まだ痛みます。

股関節痛にならないために今すぐできること

やっぱり、ストレッチ体操かと。それで、もしすでに股関節に痛みを感じているのであれば、病院にいる理学療法士さんに聞いてきたリバビリを一つご紹介しましょう。というのも痛い箇所を指で抑えながらストレッチをするというものなんですが、こうすることで筋肉痛系であればほぐれてくれました。

骨系とかだと意味がないと思うので、さっさと近所の整骨院とか整形外科でレントゲンを撮ってもらってください。多分原因不明ということで、大きな病院でMRI撮影を進められると思いますが。とにかくMRIを撮ることで原因は究明できると思うのでおすすめしたいところです。

siteトップへ

pageトップへ

股関節の痛みが治らない。サッカーを急にやったからか?エントリー一覧

サッカーやってる人がなる、股関節唇損傷について

股関節唇損傷って何??股関節痛を医者に訴えると、まずはじめに疑われるのがこの股関節唇損傷という症状です。

続きを読む

ソファで寝ていたら股関節が痛くなった。多分これが原因・・・

股関節が突然痛くなった原因とは?あのですね。やっぱりソファで寝るのはあんまりよくないみたいですね。気になったのでネットとかを調べていると骨盤が沈んでしまうとかの理由。なのでやっぱりソファで寝るのはもうやめよっと。あと柔らかい沈むような布団も股関節には良くなかったみたいですね。

続きを読む

1万人に1人が発症する原因不明の股関節痛の病気

大腿骨頭萎縮症とは??股関節痛って本当に辛いですよね。わかります。僕の場合は股関節唇損傷ではなく、原因はわかりませんが、大腿骨の頭(丸い骨)が炎症をおこしてしまう病気になっておりました。

続きを読む

大腿骨を脱臼するとどういう症状になるのか?

歩けないくらいに股関節が痛い場合股関節を痛めてしまい、まったく歩けない。もしそいう状況になったのなら股関節亜脱臼(あだっきゅう)を疑ってみてもいいかもしれません。なぜかというと、僕は担当医からは脱臼はありえないと言われるのですが、たしかに整体では「亜脱臼」と言われたからです。

続きを読む

内側のくるぶしの下が痛いので踏ん張れない。

太ももの内転筋が原因ですくるぶしの内側の下辺りが痛みませんか?もしそうであれば足の筋力低下が原因かもしれません。松葉杖を使っていたり、車いす生活、もしくは寝たきりの生活が続いていませんでしたか?足の筋肉というのは歩くという行為により体重の4倍の負荷を受け取っています。

続きを読む

スポンサーリンク