香川のドリブルってどうやんの?コツとか教えて

香川のドリブルってどうやんの?コツとか教えて

ボールの外側に軸足を置くだけでOK

香川のクルッとターンは軸足に秘密があります。通常は重心の下あたりにボールをおきながら進むのがドリブルなんですが、香川ターンの場合はボールをアウトサイド側に置きます。

 

スポンサーリンク

例えば右足でボールコントロールをしながら進む場合はボールの左側に右足を置くんですね。そして180度ターンして左足のインサイドでボールを押してあげれば完成になります。

香川は仙台のFCバルセロナで培った技術がドリブルにも見え隠れしてるんですが、パスを受けた瞬間を結構大切にしてる感じが見受けられるんですよね。パスを受けて自分の目の前に止めるのではなく、ドリブルのファーストタッチと捉えてこの香川タールを行うケースが多いように思います。

インサイドで軽くボールと止めてから、右足のアウトサイド側にボールをさらして、香川ターン!相手はまさかの方向に行うターンについていけず、思わず抜かれてしまいます。これが香川選手の必殺技になりますね。ついでに香川の特徴としてはボールを転がす場面もありますよね。

あれはどっちかていうとフットサルの技なんですが、ようするにボールキープの側面が強いドリブルの部類に入ります。足の裏というのは無意識に強烈なキープができる最強のドリブル技。

ネイマールもよく使いますが足裏ドリブルには「方向を自由に変えられる」というもうひとつのメリットがあることも忘れてはいけません。後ろ。前。右。左。自由自在に方向転換ができるので香川がフリーでボールを受けた時には高い確率で足裏を使ったドリブルに入ることを注意してご覧になってみてください。


あと、ついでに香川チップキック(ループ)についても話します。彼のセンタリングってものすごく柔らかいタッチですよね。ふんわりとした良いボールを蹴りますので密かに憧れている方もいるかも知れません。

香川チップは足首の角度が命です。靴の中で最大限に指を広げ、ボールの真下に素早く差し込むことを意識します。そして、ちょんちょんリフティングの要領で、足の指の反発力を駆使しながらボールをすくい上げるようにバネで押し上げて蹴る技術です。(口で説明するのが難しい・・)。

蹴り足はヒザから下だけを振りかぶり、この時は足首は伸びています。振り下ろし最中も足首は伸び、ボールの真下に一番良い角度でつま先が入る距離感になるよう、立ち足の位置を前後しながらつかんでいってください。

つま先がボールの真下(本当に真下)に入り込むことさえできれば、あとはちょんちょんリフティング(つま先でボールを蹴る)要領でボールを指の力で押し上げてあげればあの香川チップは習得できますのでやってみてください。

普通のキックとは種類が異なる高等技術になりますので、反復練習が欠かせないのは言うまでもありません。コツとしては、軸足はかかとから踏み込む。蹴り足は絶対に足の甲をボールに当てない(ボールが前に飛んでしまう)などです。あとは練習あるのみです!

スポンサーリンク