チップキック(ループ)の蹴り方やコツを解説中

チップキック(ループ)の蹴り方やコツを解説中

まずはチップキックの原理から

チップキックがどのような原理で飛んでいくのかを知っていた方が理解が深まると思います。ではなぜチップキックが上にふんわり飛ぶのでしょうか?

 

スポンサーリンク

答えはすごくシンプル。ボールの下を蹴る。たったこれだけだったりします。いかに正確にボールの真下を蹴られるか。ここにとことんこだわって蹴り続けるのがコツです。

しかし上にふんわりとループの弧を描くボールが飛ばないということは、ボールの真下をうまく蹴れていない証拠。おそらく中途半端なところに足が当たっているか、足の甲が先にボールに当たっているか。ここをチェックしながら練習してみてください。

じゃあボールの真下に足が入ることがわかったら、実際にボールに足を入れ込んでみます。当然つま先をです。ゆっくり真下に差し込んでみてください。それだけでもボールはちょっと浮きませんか??

これが大事なポイントです。では実際に軽く蹴ってみます。どうでしょうか。おそらくうまいことつま先が入らないはずです。それは上体がボールにかぶさっているからかもしれません。

特にメッシのようなふんわりとしたループシュートやループパスを身につけたい場合は、つま先を完全にボールの下に入れ込む必要がありますし、そのあとのフォロースルーで足の力を真上にもっていくためにも、上体はそらしたいです。立ち足もボールのやや後ろ。

この状態でバックスイングに入ります。といっても大きなモーションは入りません。むしろヒザ下だけのスイングでOKです。



問題はミートの瞬間です。ミートはつま先をボールの真下に入れ込むのですが、この時蹴り足の軌道を確認してください。後ろから前への移動が多い場合はボールが前に飛んでいくことになります。そう。プチループシュートって感じで。低い弧を描きながら飛んでいく悲しいループになっちゃいます。
そうではなく、蹴り足の軌道は下から上へ。もっと言うとつま先の軌道が下から上に向かっていけば、理論上ボールは上に浮き上がります。でもそれは物理的に不可能なので下後方から上前方に抜けるといったイメージです。いかにボールの中心の芯をつま先でとらえられるか。

つま先でとらえたあとはかかとの直角を維持したまま止める感じにできるかです。(直角を維持したまま足を止めてみてください。つま先の軌道は蹴る前よりも上にあると思います)。

つま先の軌道が下から上へ抜けるイメージがつかめたでしょうか。ボールの下から上へつま先が抜けていく角度が一番のキモですから、ここを意識して蹴って見て下さいね!(あーやっぱり文章で説明するのは難しい^^;

スポンサーリンク