幅広ワイドのサッカーシューズ

幅広ワイドのサッカーシューズやトレシューって少ない

甲高幅広のサッカーシューズを探していました

最近小学生の子供が少年サッカーを始めた関係でトレーニングシューズを探していたんです。

 

私は身長が高く、足のサイズも大きいのです。普段も28.5を履いているものですからどうしてもトレシュも大きいものを探していたのです。

 

スポンサーリンク

しかしAMAZONで28.5を探してもアシックスやミズノ位しかありません。あったかと思えばナイキの29センチや30センチしかないのです。

 

私が子供の頃も同じ悩みを抱えていました。自分のジャストサイズを買っても幅が狭いためにきつくて履けません。

 

1つ大きいサイズを買ってもつま先だけが余ってしまい、ひどい時にはティッシュを詰めて履いていました。

 

知恵袋などで「幅広のシューズってどこのメーカーですか?」と聞いてみましたが、ディアドラやアシックス、ミズノと答えられてしまいます。

 

しかし自分の好きなメーカーではないのでしっくりこないのです。

やっぱりかっこいいトレシュが欲しい

サッカー,トレシュー,幅広,ワイド

そこでたどり着いたのが白いシューズ。ミズノのスーパーソニックというトレシュでした。28.5があったので思い切って買ってみたのです。

 

紐をおもいっきり緩くして履いていました。すると足にだんだんと馴染んできてしっくり感じるようになっていったのです。

 

白いデザインに赤いミズノ(昔はランバード)が結構かっこいいんです。2013年末の現在では販売をしておらず、探してもおそらく見つからないかもしれません。

 

そこで、イグニタスシリーズも1足買ってみました。本田圭佑モデルです。無回転キックも蹴ってみたかったので動機は十分でした。

 

しかし先ほどのスーパーソニックが4E相当だとすれば、このイグニタスは3E相当でした。28.5では横幅が足りず、小さくてきつくて履けないのです。ですからもしイグニタスを履きたい場合には0.5センチ大きいサイズを選んだほうが良さそうです。

スパイク選びはどうする?

トレシュはミズノで解決しましたが、息子が高学年になってきたらスパイク(ポイント付き)に変わっていきます。

 

私が子供の頃は丸いポイントでしたが今は三角の形をしたものが主流となっているようです。なぜかと言うと縦への動き、横への動きに対応するためだと聞いています。

 

香川を初め、欧州でプレーするサッカー選手達はこの三角形のものを採用しているようです。どうしても三角だと動きづらいという場合には縦長のポイントを使ったサッカーシューズを使っているようです。この縦型のポイントというのは横の動きに強いそうです。ポイントの形状をよく理解し、自分の納得のできるサッカーシューズを選んでいきたいです。

スポンサーリンク